このスミレは?

前に掲載したタチツボスミレの所に書いていましたが、未だに名前不明のスミレです。
これを掲載した時に、無名子さんから交雑種では?とのアドバイスを頂きましたが、「日本のスミレ」の中でも見つかりません。改めて図鑑を最初から見ていくと、生息域から外れますがイブキスミレが一番似ているような感じがします。
残念ながら、このスミレを見つけた時に、そんな難しいスミレとは思わずに、たった2枚しか写真を写していませんでした。

このスミレが分かる方がおられましたら、よろしくお願い致します。

画像


画像



花をアップで見ると、側弁の基部が有毛だということが分かります。

画像


これを掲載した時に書いていましたが、花の色はこの色でした。
2007.1.14撮影

この記事へのコメント

みかん
2008年03月12日 08:59
コスミレです。

西日本に多い側弁多毛型をヒゲコスミレと区別して呼ぶ場合もありますが、あまり意味がないですね。特にコスミレは形態に変化が多く、ややこしいスミレのひとつですから、迷うのも無理からぬところです。雑種ではありません。

私のスミレ図鑑は一体いつになったら本になるのか、いがり君の図鑑より早く
撮影は全部終了していると言うのに、14日から九州大学で学会なので、出版社の編集者に著者をせかせてこい、とは言っているのですが・・・。
私です
2008年03月12日 23:16
みかんさん、ありがとうございます。
「日本のスミレ」を読み返してみると、西日本は毛が多いと書いてありました。
みかんさんの図鑑が楽しみです!出版されたら教えてくださいね!!それとまだ出版されていないとの事ですので、このブログの中で私みたいに、図鑑を見ただけでは、理解不能の人がたくさんいると思います。そんな人たちの悩みを解決するような、図鑑にして欲しいと思います。
福岡にお見えになるんですね!酒でも飲みながら野や山の花のお話を聞きたいです!!!!
みかん
2008年03月14日 13:15
今回の学会には出席できません。
これから東京で山と渓谷社のK編集長の送別会です。
皆さんがよく利用する図鑑類を作り続けてきた編集長です。
「日本のスミレ」「野に咲く花」「山に咲く花」など、数々のベストセラーを作った編集長です。私とは山と渓谷社に入社以来の長い付き合いです。
彼が定年を迎えたので、その送別会なのです。
ぽんぽこさん そんな訳ですので、お会いできるのはまだ先になりそうです。
私です
2008年03月15日 11:25
みかんさん、いらっしゃいませ。
残念ですね!
スミレの花も何処に特徴があるのかを分かれば、簡単に区別ができるのでしょうが、専門にはどうしてその差が分からないの?と言いたくなるような差も、素人には難しいんです。分かりやすい図鑑を作ってくださいね。

この記事へのトラックバック