お見事!!

誰も褒めてくれないと思いますので、自画自賛しておきましょう! 春から育ててきた初夏?の花たちが見事に咲きそろいました!! まずは、サフィニアです。 ミニバラです。 もう少ししたら、葉っぱが見えないくらいになると思いますが、その頃には最初に咲いた花たちが終わりを迎えるのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

旬をいただく

10連休も今日で終わりですが、私にすれば毎年365連休の毎日。 まっ、そんな毎日ですが、今回はゼンマイを採りに行ってきました。大量に収穫とはいきませんでしたが、2~3回分は収穫できたかな? 春は旬の野草?を味わう季節です。苦みのある力強く生命力のあふれる旬の野草たちは、一年の始まりで、健康に過ごしていく大切なものと思って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一息

家でくつろいでいる時は、バルコニーでこんな花たちを見ながら一息ついています。 こんな椅子に座りながら・・・・ 正面に見えるのは、ちょっと盛りを過ぎたビオラと、今からが盛りの矢車草。そして今から植え付けるロベリアです。サフィニアも形を整えながら、もうすぐ花盛りかな? 椅子から見えない所にはこんな花も咲いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな事 やってます!

昨年から、ユリの花にはまってしまい、こんな事をやってみました。 ユリの根茎の鱗片をさして増殖を企ててみました。上記写真は鉄砲ユリでほぼ100%発芽しています。他にも色々と鱗片さしをやっていますが、鹿の子ユリは30%程の発芽です。 山ユリは2つの発芽、カサブランカは3種類でやってみましたが、1つだけ発芽が見られ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲いたよ!

昨年の入院期間中は、高温少雨で希少な植物たちがかなりのダメージを受けました。そんな中で期待していたのがイヌノフグリです。入院時には発芽しておらず、なんとか種子の姿で夏を乗り越えたのではないかと。 秋の終わりごろからイヌノフグリらしき芽が出てきましたが、やっぱり花が咲かなきゃ安心できません。そして今日、花が咲いているのを見る事ができまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年のタデたち

秋はミゾソバの季節!と思いながら10月にタデ科の花たちを写していたのですが、なんとなくブログ更新に取り掛かる気持ちになれず、もう12月中旬になってしまいました。 やっとブログを更新する気力も出てきましたので、前に写していたタデ科の花たちを並べてみましょう。 ミゾソバの仲間たちです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の花に逢いに行きました

退院して帰って来ると我が家の希少な植物たちは、ほぼ全滅状態。 そんな中で、一度は花期を終えていたネムノキが花を咲かして迎えてくれました。 天気が良くなったら、秋の野の花やタデ科の花たちに挨拶に行こうと思いますが、畑の準備や家のことなど色々あってなかなか出かける事が出来ません。妹が家に戻ってきた時に畑仕事が無く、晴れている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コクラン

6月末から7月上旬に咲くコクランやクモキリソウ。もうそろそろ咲いている頃かな?と出かけてみました。 毎年見ている所はまだ蕾の状態でしたが、まったく別の場所でコクランが咲いている所を発見! 花の姿が分かりませんね!? まだ蕾のクモキリソウです。 ここは茶色の花が咲く珍しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバが咲きました

今年のミゾソバ一番咲です。今までで一番早く咲いたのは5月中旬ですから、まっ普通の一番咲でしょうね。 このミゾソバ。秋まで咲き続けるのでは無く、7~8月はお休みしています。そして秋になると本格的な開花となります。秋はタデ科の花たちの季節です。待ち遠しいですね! 開花が早いタデ科と言えば、ホソバノウナギツカミとママコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨入り

毎年の事ですが、気象庁が梅雨入りを発表すると、5日~1週間は良い天気になりますね。 そんな梅雨入りの晴れ間。アジサイが咲き始めました。毎年の紹介なので、もう見飽きたという方もいらっしゃるかもしれませんが、毎年の定番と言う事で・・・。 バルコニーからの見下ろしです。 鉢植えのアジサイです。 アジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんな花が咲くのかな?

椎葉村の河原で見つけたミゾソバと思われる植物。やっちゃいけない事は重々承知ですが、数株を持ち帰ってきました。順調に生育していますが、普通のミゾソバとは葉の姿がちょっと違っています。ママコノシリヌグイみたいな葉の付け根。ミゾソバとママコノシリヌグイを足して2で割ったような姿です。 茎を見てみるとトゲがあまり発達していませんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバノオ

早く紹介する予定でしたが、椎葉村の滝巡りが忙しくて遅くなってしまいました。 サバノオの仲間にはサイゴクサバノオやトウゴクサバノオがありますが、このこは普通のサバノオでしょう。 おまけです。 これからの花の写真も3月中で紹介しようと思っていましたが、掲載できませんでしたので春の内に掲載しておきましょう。(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白花のカタバミ

宮崎県椎葉村でもう一つ初めて出会った花があります。 前に紹介した細葉のタネツケバナもそうですが、偶然車を停めた所で咲いていたという花です。白花のカタバミを調べてみると、ミヤマカタバミかコミヤカタバミのようですが、生息域からするとコミヤマカタバミのようです。 滝を巡りながら足元に目を向けると、初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新種かな?

宮崎県椎葉村の滝巡りの中で、今まで見たことが無いタネツケバナの仲間と思われる花に出合いました。 家に帰って検索しても同じ姿の花を見つける事が出来ません。もしご存知でしたらご教授をよろしくお願いします。 こんな姿で、葉がメチャ細いです。 一株だけではなく、同じ場所に同じ姿の株はたくさん有りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスマグサ とは?

私のブログを訪問してくださる皆様は、カスマグサという花はご存知と思います。 カラスノエンドウの「か」とスズメノエンドウの「ス」をとって、その中間の大きさの花だからカスマグサと名前が付いたとのことです。 こんな花です。 カラスノエンドウです。 スズメノエンドウです。 植物図…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ネコノメソウの仲間たち

宮崎県椎葉村の滝巡りで、シロバナネコノメを見つけました。そして今日はネコノメソウの自生地を訪問していつものネコノメソウを見てきました。 今までどんなネコノメソウの仲間たちを見て来たのだろうと、過去の写真も含めてまとめてみましょう。 九州で見る事が出来るネコノメソウは、次の通りのようです。 ヤマネコノメソウ・ネコノメソウ・イワボタン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お花見!

ツアーで申し込んでいた『大阪造幣局「桜の通り抜け」と吉野千本桜』が、桜の開花が急いでいるという事で、キャンセル多数となり中止となりました。 でも先日、滝巡りで訪問した宮崎県椎葉村で、沢山の桜を見てきましたので、残念ではありますが、善しとしておきましょう。残念なのは車を運転していますので、「花見て一杯」が出来なかった事。ツアーならば、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春も本番?

このところ毎日が暖かいですね!桜(ソメイヨシノ)も各地で開花宣言が出され、すでに満開の所も。 今まで行った事が無い、大阪造幣局や吉野山の桜見にツアーを申し込みましたが、4月16日では大阪造幣局の桜は終わっているかもしれませんね。 春!という訳で、前には遠くでしか見る事が出来なかったレンゲを間近で見る事ができるようになりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大塚国際美術館 お気に入り!

大塚国際美術館に展示されている陶板画は、どれも超有名か普通に有名な作品なのでしょうが、そんな中で私のお気に入りの絵はこんな感じです。 ナンバー1はこの絵。何度見返しても飽きません。精霊の守り人のバルサをイメージするからかな? 2番・3番はこの二つ。 どこが好いって説明できませんが、見ていて飽きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館 七つのヒマワリ

大塚国際美術館は名画を陶板画で再現した美術館です。絵にはあまり興味が無い私ですが、古代からの絵を忠実に陶板画で展示している事には感銘しました。 そんな中で、七つのヒマワリ展がちょうど模様されていましたので、これから紹介しましょう。 絵の事は分からない私ですので、小さな写真ですが、こんな陶板画が展示されていたと、ご覧くださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more