タチツボスミレ

タチツボスミレって地域によって沢山の仲間たちが居ます。
「日本のスミレ」によると、私の地域(西日本)で咲いているスミレは、タチツボスミレ・ニオイタチツボスミレ・ナガバタチツボスミレ・山陰型タチツボスミレ等が多いとのことです。
さて、私の近所で咲いているタチツボスミレはどれなのかな?

画像


画像


画像



ここまでの写真を見ると、普通のタチツボスミレのようです。
それでは細かな特徴を見ながら、確定させていきましょう。

最初は「距」の形や色です。

画像


西日本のタチツボスミレの仲間は距の色は全て紫色を帯びていますので、色での区別は難しいみたいです。でも上向きの距から「ナガバノタチツボスミレ」は消すことが出来そうです。


次に花柄の有毛・無毛を見てみましょう。(このスミレは山で見ています)

画像


無毛のようです。ニオイタチツボスミレを外しましょう。


葉っぱを見てみましょう。

画像


葉っぱを見ると、普通のタチツボスミレの葉っぱの特徴「心形」であることが分かります。まだ咲き始めなので葉っぱが展開していませんが、心形になるのは分かります。


その他の特徴です。
側弁の基部に毛が無いのは西日本共通のようです。

画像


托葉です。櫛の歯状なのが分かります。

画像


そんなに、細かく拘ってどうするの?と言われそうですが、未だに名前が決められないタチツボスミレの仲間?がいるんです。一昨年にタチツボスミレと思って写してきたスミレがどれとも一致しないままです。日本のスミレの図鑑を買ったのも、そのスミレの名前を調べるためだったのですが、どれとも一致しませんでした。その時は難しい事を考えずに写してきましたので、今度ちゃんと写して来ようと思います。


タチツボスミレ(立坪菫)
スミレ科 スミレ属 Viola grypoceras

この記事へのコメント

2008年03月10日 05:47
何気なく見ていたタチツボスメレですが、くくっていたのでおどろいて一気に読みました。終りのほうはドキドキしました。新種発見かも?
私です
2008年03月11日 23:09
目黒のおじいちゃんさん、いらっしゃいませ。
前に写したスミレの写真を引っ張り出して、もう一度じっくり見てみましょう。たぶんあの頃より私自身も進歩しているはず?

この記事へのトラックバック